So-net無料ブログ作成
検索選択

今日も元気で ♬ 良い一日でありますように ♬

EU離脱の国民投票から学ぶこと [政治・経済・社会]

国民投票 と 国の政治


国の進路を大きく変える様な決定を、

決める時の注意点について。



今回の英国で行われたEU継続か離脱かを問う、

国民投票の結果から、考えてみましょう。


今回のように、EU離脱 が国民投票の結果、

国民のおよそ半分が、反対 もしくは 納得しないままに、

多数決で決定してしまいましたが、

ホントに 「これで良いのだろうか」 と言う不安が生まれています。


離脱派の描いたビジョンに使われた資料が、

根拠のない誤った資料である事が投票の後で判明した事や、

(だました方が悪いのか、だまされた国民が悪いのか、雰囲気に流され真実の追求が弱かった)


大方の予想がEU継続に傾いていたため、

軽い気持ちで離脱に投票した国民も居たそうです、

(ちゃんと考えなかった、よく解らないまま投票したなどの理由で、結果に反対と言うのもおかしい)


スコットランドやロンドンでは、英国から独立してでも、

EU継続をめざすなどの声も聞こえてきました、

(結果が違った事で、結果に従わない為独立すると言うのは、何の為の国民投票だったのか)


色々理由が有るにしても、

一つの結果が出てからでは遅すぎる。

 

 


そこで今の日本に目を移し、
参議院選挙に当てはめて考えてみました。


国の進路を大きく変える


今回の選挙は、憲法改正選挙とも言われ、

改正に必要な議席を今の政府が手にすることが、

出来るか否かが問われる選挙だと思います。

ところが、演説ではその事には触れないで、

アベノミクス・エンジンの 再噴出で押し切ろうとしています。


争点隠し


前回の選挙では、安保法案の事は選挙戦では後ろに隠し、

経済政策を前面に押し出し、選挙で議席確保した政府は、

憲法解釈を閣議決定で変えてしまい、(立憲主義を守らない)

集団的自衛権を盛り込んだ安保法案を強行採決してしまいました。(違憲立法を行った)


今回は、アベノミクスの失敗で増税先送りの(公約違反)

世界経済の下振れのせいにして、

再び経済政策を前面に押し出していますが、

政府の憲法改正案(国民主権の否定)を強行採決できる議席獲得が本当の狙い。



英国の国民投票から学ぶこと


(だました方が悪いのか、だまされた国民が悪いのか、雰囲気に流され真実の追求が弱かった)


充分な議論と質疑応答をしないまま、

憲法の平和条項や基本的人権を骨抜きにする、

政府の憲法改正案を強行採決されてしまってから、

国の進路が海外で戦争する国になってしまった、では遅すぎます。



(ちゃんと考えなかった、よく解らないまま投票したなどの理由で、結果に反対と言うのもおかしい)


選挙では耳に美しい言葉だけがふりまかれます。

「美しい日本を守る」とか「中国や北朝鮮の脅威に対抗し国民を守る」など、

まるで武力行使が正しい戦争と言わんばかりの表現が使われます。

戦争に正しい戦争も間違った戦争もありません。

現在の平和憲法の精神が抜き取られた憲法改正は戦争への道につながります。

戦後70年間も戦争をしないで済んだ日本の憲法が、
改悪されてからでは、遅すぎます。




(結果が違った事で、結果に従わない為独立すると言うのは、何の為の国民投票だったのか)


憲法が国家権力の暴走を縛るものから、

国民の自由を縛るものへ変えられ、

基本的人権よりも国家が優先され、

国防の為には国民皆兵(徴兵制)がひかれ、

こんな筈ではなかった、

戦争には反対だ、私は従わないと言っても、遅すぎます。



せっかく投票権があるのに選挙に行かないのは
もったいないです。

あなたのその清き一票で政治が決まる、
無効票にせずしっかり活用しましょう!


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 2

しゅわっち

ご訪問とコメントをいただきありがとうございました。
イギリスの国民投票はある意味投票の重みを世界中で考えさせられたのかもしれませんね。
ただ、○か×かではなくどれかというのは、どれが良いかが理解できないとこれまた問題かもしれませんね。
by しゅわっち (2016-07-01 23:11) 

2006taicho

はじめましてお邪魔します。日本人はTVと新聞を信じるように育てられたという側面があります。これを払拭するのは大変です。権力の狙いは、自分で調べ、考えてみるるという作業を省略させることだと思います。今はネットがあるので、自発的になればやれるはずなのに。

by 2006taicho (2016-09-04 01:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
広告スペース
Copyright © 元気なシニアが世界を変える All Rights Reserved.